おいしい状態で長持ちさせる─お酒・ワインの正しい保管方法

どのお酒もワインも急激な温度変化には弱い

お酒を買い取ってもらう時、酒瓶に傷が付いていることはもちろん、お酒そのものの劣化も査定額が減額してしまうポイントになってきます。

なので、お酒を保存するときは出来るだけ劣化しないように保管するのが一番大切です!

その時に気をつけなければいけないのが温度変化。

ワインを始め、ウイスキーや日本酒など、お酒・アルコール類は温度変化に弱い性質があります。

日本は夏と冬でかなりの気温差がありますよね。
ベストなのは、温度や湿度の変化のない冷暗所に保存しておくこと。

それから日光も大敵ですね。
日光が当たると温度が上がってしまうことはもちろん、お酒の変色にも繋がってしまいます。

たった数時間直射日光が当たってしまうだけで、お酒ってかなり劣化するんですよ!

お酒が好きな人やお酒を扱う仕事をしている方は、ワインセラーやお酒を保管するために部屋を用意している方もいます。

それほどまでに、お酒は取り扱いがデリケートなんですよね。

【未開栓】お酒の正しい保管方法

では、お酒を劣化させないように保管するには、どうすれば良いのでしょうか?

プロ仕様の保管方法は、お金も手間もかなり掛かるのでご家庭では難しいでしょう。

ですが、ご家庭でもお酒を劣化させずに保管しておくためのコツはあります!

私はお酒好きで半分コレクション目的でお酒を集めていたので、この方法を行なっていました。

綺麗な状態でお酒を保管できていたおかげか、査定額が劣化でダウンしてしまうこともあまりありませんでしたよ。

今からでも遅くない!
お酒の保管方法について、ご紹介します!

お酒の種類によって少しずつ保管方法が異なるので、美味しいお酒を大切な日のために劣化させずに保管しておきたい方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

日本酒

日本酒はとても扱いが難しく、他のお酒と比べても劣化しやすいデリケートなお酒です。

特に白系の酒瓶に入っているものは日光の影響を受けやすいので、扱いに気をつけないといけません!

日本酒を飲む方の中には、日本酒を冷蔵庫で保管している方もいますが、未開封のものであれば冷暗所での常温保存でも大丈夫です。

ですが、温度が高ければ高いほど熟成が早く進むので、味の好みとしてあまり熟成してさせたくないという方は、常温保存ではなく冷蔵庫での保存を選ぶのがおすすめです!

また、未開栓の場合は棚のスペースを有効活用しようと思って横に寝かせて置く方もいるかもしれませんが、私としては多少スペースを確保してでも縦に置く方がおすすめです。

縦向きに置くことで、日本酒が酸素に触れる面積を極限まで少なくすることができるので、日本酒の酸化するスピードを遅くすることができますよ!

ウイスキー

私も大好きなウイスキーですが、ウイスキーはとにかく温度変化に弱いです。

ウイスキーを保管するのに適温だと言われているのはだいたい18度~21度。

この気温を1年中保つことが、劣化させずに保存する最大のポイントです。

ウイスキーの保存方法としてプロがおすすめされているのは、温度や湿度を一定に保つことができるワインセラーに保存すること。

ですが、よっぽどのお酒好きでなければ自宅にワインセラーを購入する方はいないでしょう。

手軽にできる保管としては、戸棚などの日が当たらない場所に保管する方法があります。

長期間飲むことが無いなら、戸棚を開けた時に光が当たらないように新聞紙で包んで、もしくは付属の箱に入れたまま戸棚に保管するのがおすすめです!

・日が当たらないようにすること
・温度が出来るだけ一定の場所に保管すること

このふたつのポイントを守って美味しいウイスキーを長期間保存してくださいね。

ただ、ウイスキーは長期間保存によって熟成どころか劣化してしまう銘柄もあるので、飲まないなら長期間保存する前に買取に出してしまうのもおすすめです。

焼酎

焼酎の場合、他のお酒に比べて扱いがまだ優しいものが多いです。
ですが、気をつけたいのが日光です。

焼酎は白系の酒瓶に入っているものが多く、日光による劣化の影響を受けやすいので、ウイスキー同様冷暗所に保管するのがベストな方法ですね。

戸棚に入れる場合も、新聞に包んだり、箱に入れて保存するのがおすすめです。

ご家庭によっては、焼酎を料理に使う方もいるかもしれません。
ですので他の調味料と一緒にキッチン下の戸棚に入れている方がいるかもしれませんがそれは要注意!

コンロ周りは点火している時とそうでない時で温度差があるので、出来るだけコンロなど温度の影響が受けやすい場所は避けて、食器棚などの温度影響を受けにくい戸棚に移しましょう。

【未開栓】ワインの正しい保管方法

では、コレクションしている方が多いワインの場合はどうなのでしょうか?

ワインセラーで保管する方法はもちろんおすすめですが、ウイスキーの保存方法でもご紹介した通り、ワインセラーがご家庭にある方は少ないですよね。

ですが、ワインセラーがなくてもワインを保管する方法はあります。

ワインはとてもデリケート。
温度変化や光が当たるところは劣化の原因になってしまいます。

さらにワインは意外と高湿度な場所の方が保管しやすいので、美味しく保管しておきたい方は、加湿器を近くに設置するのも良いでしょう。

また、ワインは揺れることでワインの中の酸素と結びついて酸化しやすい飲み物でもあるので、出来るだけ動かさないこと!

例えば戸棚に入れておく場合も、戸棚を開けるたびに食器棚が揺れてしまったり、ワインボトルの中のワインが不必要に揺れてしまうような場所は避ける必要があります。

・冷暗所
・高湿度
・振動が少ない場所

この3つの状況が当てはまる意外と身近な場所が押入れです!

押入れは家の中に備え付けられているので揺れることは少ないですし、年中気温があまり変わりません。

防虫剤や湿気取りを入れていない押入れであれば、ぜひワインの保管場所として考えてみてくださいね。

飲みかけのお酒・ワインの正しい保管方法

画像引用元:https://my-best.com/4989

では、開封済みのワインを保管するのに正しいのはどこなのでしょうか?

開封済みのワインは、外の空気、新しい酸素に触れることで酸化スピードが一気に早くなってしまいます。

保管場所は同じく押入れや冷暗所がベスト良いですが、早めに飲み切るなら野菜室などを利用するのも良いですね。

そして大事なのが蓋です。
一度抜いたコルク栓は形も崩れやすく、再利用には向いていません。

ここでおすすめなのがワイン用のストッパー。
シリコン製でしっかり栓を閉められるワインストッパーが数百円程度で売られているので、それを使うのがおすすめです!

ただ、一番正しいのは一度開けたワインはすぐに飲み切ることです!

開封後のワインは、プロがどう頑張っても一番美味しい状態を保ったまま保管することは難しいです。

素人保存なら、なおさらですよね。
「ワインは生き物」という言葉がある通り、開けた瞬間からワインは寿命が早まっていきます!

ですのでどんな高額ワインでも、開封済みのものは買取価格が半分以下になってしまったり、買取を断られることも珍しくありません。

開けたワインは出来るだけ美味しい内に飲みきってしまうことが一番ベストだと言えますね。